AGAの仕組み|薄毛に育毛剤は必須!安心と信頼のプロペシアを使ってみよう

薄毛に育毛剤は必須!安心と信頼のプロペシアを使ってみよう

AGAの仕組み

シートに入っている薬

プロペシアの紹介をする前に、まずAGAの仕組みを紹介しておきましょう。

AGAは男性特有の症状で、前頭部や頭頂部の髪が特に薄くなってしまうものです。
テストステロンという男性ホルモンがあるのですが、これがジヒドロテストステロンに変化してしまうことでAGAが起きるのです。
ジヒドロテストステロンに変化してしまうと、髪に栄養を送らなくてもいいというスイッチが入ってしまい、髪が正しく成長しなくなってしまいます。
そのためにどんどん髪が細くなっていき、抜け毛が深刻になっていくのです。
そして、テストステロンをジヒドロテストステロンに変化させている黒幕が5αリダクターゼという酵素なのです。
男性ホルモンであるテストステロンそのものを抑制するのは非常に危険ですので、薄毛を改善させるためには5αリダクターゼの抑制が大きなポイントになります。

プロペシアは5α還元酵素阻害薬に分類される育毛剤で、5αリダクターゼを抑制するのに適しています。
プロペシアに発毛効果はないですが、5αリダクターゼを抑制することでジヒドロテストステロンへの変化を止め、再びしっかりした髪が生える状態を作ってくれるのです。
髪の成長サイクルを1度整えるために、プロペシアを服用し始めて間もない頃は初期脱毛が起こるケースも多いです。
育毛剤を飲んだにも関わらず脱毛してしまったということで、プロペシアの効果を疑う人も多いですが、初期脱毛はこれから薄毛改善させるために必要なことですので気にしなくて大丈夫ですよ。

↑ PAGE TOP